忍者ブログ
  • 2017.03«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • » 2017.05
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/04/25 11:51 】 |
6/13
ブログを毎日更新は無理だから不定期更新って方針ってことにはしてたけど
再開しておいて早々に1ヶ月以上放置はどうなのってことで、
ちょうど今日はラブライブ!の劇場版を観てきたから感想を徒然と述べていこう

あ、きっとネタバレしか書かないから観る予定があってまだ観てない人は閉じよう
しばらく下に空白入れてから書く




























↓↓ここからネタバレ↓↓


あえて最初に総括的な感想を簡潔に書くなら、期待以上に面白くてしっかり感動できたし、「みんなで叶える物語」というキャッチフレーズに相応しいμ'sの集大成って内容だった

スタッフがアニメ本編でやり切れなかったことを映画という形で凝縮して作ったんだろうなあというのが感じられてお祭りのような見応えの抜群さで、歌うということ、スクールアイドルということの根本を考えさせられたし、今度こそアニメのμ'sはこれで終わりなんだっていう明確な引き際を出してくれたのは虚無感は半端ないけど個人的にはとても良かったし込み上げるものがあった

観る前から期待はしてたけど、アニメ本編の2期最終回の締め方が劇場版への布石ということは分かってはいても、μ's解散します!からの、俺たちの冒険はこれからだ!という打ち切りみたいな終わらせ方はどうなのってことで不安が残る意味で期待をし過ぎることはしてなかった
だけど見終わってみれば、そんなことはどうでもよくなるくらいには綺麗に区切りをつけて終わってくれたなあ、と
世界的に人気が出てしまったためにμ'sを解散するにしづらくなった、ある意味メタとも取れる展開にはソワソワしたけれど、最終的にはアニメ本編での決心をうやむやにしないまま解散して伝説を残したのは本当に綺麗な締め方だと個人的には思った、って感じ


お話、キャラ、曲のことも書こう

予告の限りでは、海外に招待されて世界に向けてライブをするというのは容易に予想はついてたが、後半からの全国(都内だけかもしれない)のスクールアイドルを集めてみんなで1つの曲を作ってライブをする展開はアニメの中でのスクールアイドルの常識をぶっ壊したと思うし、μ's(穂乃果)らしさの詰まった企画だと思った屈指の名シーン

劇中で登場した女性シンガーはかなり意味深な感じだったけれど、視聴後にみんなの感想を見てみると、未来の穂乃果を映したものという考察が多くてなるほどな、って思った
しかし、見ている最中は気にはしていなかったけど後でキャストを見たら高山みなみだったのはビックリしたな・・・・・

あとあと、凛ちゃんが本当に可愛らしくてヤバかったね・・・
映画でも喜怒哀楽でコロコロ変わる表情は健在で見ていてとても楽しかったし、女の子らしさに目覚めてオシャレさんなった凛ちゃんの色んな髪型を見れたのも至福で、猫耳フードの寝間着も最高で突然歌い出す凛ちゃんの歌声も最高

他に印象的だったところで、主食がパンのニューヨークでかよちんが白米に飢えていたところ、海未ちゃんが完全にネタ担当になっていたところ、ホテルの部屋でりんぱなが肩を寄せ合ってりんぱな結界を展開していたところなどなど、りんぱなが好きな人は最高だったのでは無いだろうか


劇場版の新曲は6+1曲もあって、精々3,4曲程度と思ってたしどの曲も聴き応えがあって興奮止むこと無し
6+1曲の+1曲は、μ's以外の曲という意味でそう表記しておくってことで

・Angelic Angel
予告のCMなどで耳が痛くなるほど聞いてきたあの曲
多分ライブの最初辺りで出たら盛り上がるであろうえんじぇー曲

・Hello,星を数えて
まきりんぱな(1年生組)が歌った曲
突然凛ちゃんが歌い始めてビビったけど、ホント可愛らしい曲であった

・?←HEARTBEAT
のぞにこえり(3年生組)が歌った曲
テンション高めの楽しい曲でライブ映えしそうだなと

・Future style
ことほのうみ(2年生組)が歌った曲
ススメ→トゥモロウ以来の2年生組の2曲目だけど、ススメが想起される要素が色々散りばめられてるように感じた

・SUNNY DAY SONG
A-RISEを始め、全国のスクールアイドルを秋葉原へ集めて
みんなで作ってみんなで歌ったママライブ
Happy maker!のようなお祭みたいな曲で、6thとかのライブのアンコールとかでこの曲を出されたら泣く自身ある

・僕たちはひとつの光
ラブライブ優勝後に真姫ちゃんが書き溜めていた曲を起こしたED曲
SUNNY DAY SONGでアニメのμ'sは本当に終わって、音ノ木坂は廃校を免れて、アイドル研究部として活動を続けている3年生になった雪穂と亜里沙が新入生に向けてμ'sを語りだしたところでこのEDに入って泣きそうになった

・As Time Goes By
高山みなみ役の女性シンガーが路上ライブで歌ってた曲
これが未来の穂乃果だとしたら、英語頑張ったんだろうなあ


2年生組以外の1年生、3年生の曲ってありそうで今まで無かったし、アニメスタッフがやりたかったことがこの劇場版には詰まってるなあと

前売券が現時点で5枚あるから5回は絶対に観に行くつもりだけど、5回と言わずそれ以上繰り返し観に行きたいって魅力があるし、アニメに思い入れがある人ほどそう思える作品、だと思った
ベタ褒めだけどそれくらい面白かったし、これ書いてる途中で既にもう一度観に行きたいって思ってるんやで・・・



明日は幕張のファンミーティングに行くけど、
これも書けたら書いていきたいなと思う
PR
【2015/06/13 23:52 】 | 雑記 | 有り難いご意見(0)
<<6/20 | ホーム | 5/6>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿















前ページ | ホーム | 次ページ

忍者ブログ [PR]